税務調査前の対策・相談のみの相談

事前対策相談の詳細はこちら

税務調査立ち合いのみの相談

立ち合い相談の詳細はこちら

税務調査事前対策・立ち合い・修正申告等オールプランの相談

全部込みの相談の詳細はこちら

税務調査に対する不安なことを取り除きたいと考えています

税務調査は事業を営んでいても、それほど頻繁に経験するものではないですよね。

そんな税務調査を受けるにあたって、税金のプロである税務署の職員とのやりとりを、じぶん一人で行うのは非常に大変なことです。

税務調査というものは、対応によっては「追徴税額が多額になってしまう」というケースがおきてしまいます。

また税務調査というのは、税務署の職員がやって来る実地調査があった当日で、終わるわけではありません。

実地調査後に電話でのやり取りや、ときには税務署に出向くなどの対応で、数ヶ月にも及ぶことが多くあります。

税務調査はけっして、実地調査に入り帳簿を見て、その日で終わりという簡単なことではありません。

むしろ実地調査に入り、帳簿などを確認してからが始まりともいえます。

実地調査を受けたあとに、何度もやり取りをしなければならないと、精神的にも不安になり本業に影響が出てしまうかもしれません。

その不安を解消するためには、税務調査に唯一立ち会いができる税理士に相談することをおすすめします。

税理士に立ち会いを依頼すべき理由は、4つあります。

  1. 本業の事業に集中するため
  2. 税金の過度な負担を少しでも減らすため
  3. 税務署とのやりとりで精神的な負担を減らすため
  4. 税務署の主張が正しいのかどうかを判断するため

なかでも税金の負担と精神的な負担を減らす、ということが一番大きな理由といえます。

税務調査というのは、「表向きは正しい税金の申告をしてもらうための行政指導」、となっています。

しかし実際には、ノルマを課された税務職員が成績を上げるため追徴税額を取ることが目的としているともいえるのです。

税務調査では数多くの質問をされ、様々な書類を見せなければなりません。

税務署の職員は税務調査に来ているので、質問されるのは当然かもしれません。

ただ、その質問の返答によっては本来認めらるべき経費が、認められず思わぬ税金を負担することもあります。

お金と心の負担を減らすため、税務調査はけっして一人で対応せず、用心棒となりうる税理士を代理人として依頼することをおすすめします。

税務調査って何だろうは、こちら