継続的にサービスを受けたい、ビジネスパートナーを求めるプランになります。

じぶんで経理をやる社長のための税務顧問

「決算書が読めない。」

「事業はうまくいっているはずなのに、数字を確認してみるとじぶんの感覚とズレがある。」

というような悩みを抱えていることでしょう。

なぜそのような悩みを抱えるのかというと、じぶんで経理をやらないからです。

本気で事業を営んでいるならば、じぶんで経理を行いそこから現状認識をし、税理士と事業の未来が話せる状態が望ましいです。

じぶんで経理をやる。もしくは経理を行なう従業員の方がいる。

そのような事業者の方へ税務顧問として、共に計数管理を行いながら事業の一助になりたいと考えています。

事業を営んでいて、このような悩みごとはありませんか?

  • 誰に真剣に事業の相談をすればいいのか分からない
  • 税理士事務所に顧問契約をしているけど担当者がコロコロ変わる
  • 税理士が偉そうに話してくるので、コミュニケーションが取れていない
  • 現在の税理士から何の提案もない
  • 税理士を探しているが、誰がいいのか、どう会えばいいのかわからない
  • 節税対策の提案をしてくれない
  • 月次決算資料(試算表)が全然できてこない
  • 月次決算資料(試算表)の説明を受けたことがない
  • 試算表だけだとよく分からないから、グラフなども使ってほしい
  • クラウド会計に対応していない
  • そもそも税理士が来てくれない
  • 質問しても返信がない、嫌な顔をされる
  • 帳票類が手書きでの対応
  • 現在の税理士が高齢でこの先が不安だ
  • 事業承継の相談もしたいけど、何の話もしてくれない
  • 資金繰り対策をしたい
  • 銀行との付き合い方がわからない

事業運営の数字を活用して継続的にサポート致します

  • 自社の決算書など数字の読み方を税理士にわかりやすく教えて欲しい
  • 節税対策などの提案を積極的にしてもらいたい
  • 事業が強くなる財務基盤を作りたい
  • 無資格の職員ではなく、真剣に事業を営んでいる税理士に直接打ち合わせ(オンラインも含めて)をしてもらいたい
  • 月次決算を導入して、現状をタイムリーに把握したい
  • 試算表という数字の羅列だけではなく、グラフ等で業績をわかりやすく把握したい

山口翔が顧問税理士として、担当を変わることなく、継続的にこれらの悩みを解消するべく、「財務・税務・会計・経営」のサポートをさせて頂きます。

対象となる方

  • 月次決算を導入して、タイムリーに数字を把握したい
  • 資金繰りが不安でどこから手をつければいいか確認したい
  • 事業の悩みを相談したい
  • 奇をてらった相談ではなく、事業を強化する長期的な視野に立った提案をしてほしい
  • 節税対策をしてお金を残すための経営をしたい
  • 税理士と契約していないため不安がある
  • 年間売上高がおおむね20億円以下
  • 税理士事務所のネームバリューではなく、税理士本人と直接打ち合わせをしたい

 悩みごとへの対応・得られる効果

  • 担当は税理士である山口翔です。担当者が変わることがありません
  • お客様に上から目線で話すことはありません
  • 貸借対照表を意識した提案をするため、財務体質を強くするための考え方を理解できます
  • キャッシュフローを意識したお金が残りやすい節税対策を提案します
  • グラフ等を使い、業績が把握しやすいように提案します
  • クラウドサービス(MFクラウド、freee、Dropboxなど)を活用したサービス提供をしています
  • 経営の数字がタイムリーにわかるように支援します
  • 定期的な面談が可能です
  • 正しい節税の考え方を得られます
  • 元銀行員であるため融資に有利になる決算書の作成ができます
  • 判断すべきことにメリット・デメリットがあれば、丁寧に説明します

サービス内容

主なサービス内容は下記のとおりとなっています。

1.打ち合わせによる現状の確認・相談

  • 月次決算の報告とアドバイス・改善策のご提案
  • お客様からの経営・税務・財務・会計に関する相談への対応
  • 決算予測・納税予測の報告
  • 資金繰り、融資に関するご相談の対応
  • 節税の提案
訪問回数はご契約内容によって異なります。

2.会計ソフトの確認

  • 会計ソフトを通じて毎月、会計入力の確認をさせて頂きます。
  • 帳簿の確認のタイミングなどについては、お客様とご相談の上、決定させて頂きます。
  • 帳簿確認後、月次資料を作成しお渡しさせて頂きます。

3.申告書の作成

  • 年1回、申告時期に作成致します。
  • 銀行融資に有利な決算書の提案・作成を致します。

サービスに含まれるもの

税務顧問料には以下のサービスが含まれます。

  • 税務相談(チャットツール・メールにて回数制限無し)
  • 訪問・面談(ご希望により。月に1回が限度。Zoom等のオンライン可能)
  • 会計ソフト数値チェック(月に1回)
  • 税務関連届出書・申請書作成、提出
  • 税務署からの問い合わせ対応
  • その他税務関連業務

会計ソフト

  • 会計ソフトについては、弥生会計、MFクラウドまたはfreeeを推奨しております
  • PCによる処理を積極的に活用しております。
  • 弊社はWindows・Macそれぞれの環境に対応しております。Macをご利用の方でも安心してご利用頂けます

料金(税込)

以下は料金となっております

初回面談にてヒアリングの上、提示させていただきます

経営会議と称する、税理士山口翔との打合せ回数により料金が異なります

 打合せ回数月額顧問料決算料年額
毎月88,000円0円1,056,000円
隔月77,000円0円924,000円
四半期66,000円0円792,000円
半期49,500円0円594,000円

※部門管理を行う場合のみ、部門1つにつき別途27,500円が追加料金としてかかります

部門管理とは、例えば、いくつかの支社や店舗を運営している場合に、その支社や店舗ごとに損益を管理するメニューになります

例)2店舗を展開をする飲食店の場合、2店舗の損益と会社全体の損益を把握する場合は月額顧問料+27,500円×2となります

※年末調整、法定調書、償却資産税、法人税等申告、消費税等申告料は税務顧問料に含まれています。

お支払方法について

契約締結月から顧問料を頂戴させていただきます。

お支払いの期限は当月末締め、当月末までのお支払でお願いしております。

お支払い方法は、弊社指定の銀行引き落としとなっております。

留意事項

  1. 普段のご質問につきましては基本的にチャット・メール・インターネット電話で対応させていただきます。電話は緊急時に受け付けております。
  2. 普段のデータのやりとりはDropbox・GoogleDrive等のクラウドストレージにて行わせていただきます。

お引き受けできないケース

申し訳ありませんが、税理士である山口翔が直接ご対応させて頂く関係上マンパワーに限りがあります。

主に以下のようなケースでは、十分なサービス提供ができないと想定されるため、お引き受けできかねます。ご了承下さい。

お引き受けできないケース。

  • いつでも電話で連絡をとりたい(電話は緊急時のみでお願いしております。)
  • スマートフォンやPCが使えない、使う気がない
  • FAXを使いたい
  • インターネット環境がない、または適応する予定がない
  • 今後も経理を自社で入力(自計化)する予定がない
  • 脱税してほしい、粉飾してほしい
  • 海外に支店がある、海外取引がたくさんある
  • とにかく値引きして欲しい
  • 怒ってほしい
  • 税理士に依頼をすれば、売上が上がると思っている
  • 税理士よりも巷の経営コンサルタントの意見を重視する
  • 年配の税理士がいい。私は38歳(2021年6月時点)
  • 24時間連絡がつくようにして欲しい
  • 連絡窓口が複数人いる場合(会長・相談役・社長など)

その他にも、お客様のご状況によってお引き受けできない場合があります。

 業務開始までの流れ

お互いのミスマッチをなくすため、30分程度のご面談をさせていただいてから双方納得の上、契約の流れとさせていただいております。

  1. 下記フォームより面談のお申し込みをお願いいたします。
  2. 初回面談料として13,200円(税込み)をいただきます。
  3. 初回面談料入金確認後、(*)面談にて、事業概要、ご希望内容等をヒアリングさせていただきます。
  4. 双方条件の納得後、顧問契約書を交わさせていただきます。
  5. 契約締結後、業務を開始させていただきます。

*ヒアリングの結果、ご対応が難しいと判断した場合には、申し訳ありませんが契約に至らない可能性もございます。

税務顧問面談申込み

    税務顧問のご依頼

    ご依頼区分 (必須)

    初回面談方法 (必須)

    山口 翔税理士事務所の料金体系3つの特徴

    1.料金体系を明確にしています。

    2.毎月の定額制(サブスクリプション)で、かつ決算料と年末調整等が含まれています。

    3.実は割安です。

    1.料金体系を明確にしています。

    山口 翔税理士事務所では、料金表を明確に定めています。

    〇〇円~という実際にはいくらかかるのかわからないという、不明瞭な料金体系ではありません。

    「年間でどれくらいの費用が発生するか」

    「毎月いくら支払えばよいか」

    「一回いくら支払えばよいか」

    などといったことが明確に分かるような仕組みになっています。

    2.顧問料は毎月の定額制(サブスクリプション)で、決算料・年末調整等が含まれています。

    毎月の顧問料が固定制で、その中に1年に1回発生する決算料と年末調整料が含まれています。

    決算申告月には、税金の支払いもあるのに税理士にも追加の支払いがあると、資金繰りが厳しくなってしまうこともあるかもしれません。

    定額制により、年度末や年末に支払いが突発的に増えることがなくなるので、お客様の資金繰りへの影響を小さくすることができます。

    3.実は割安です。

    通常、税理士に対する報酬は、毎月の顧問料に追加して、年末調整作成料、法定調書作成料、償却資産税申告料、法人税等申告料、消費税等申告料が別途請求されるようになっております。

    しかし、山口翔税理士事務所は、毎月の顧問料以外に発生する費用がないため、実は多くの税理士事務所よりも、割安になっていることが多いです。

    スポットの依頼に関しても、顧問契約は一切結ぶ必要はありませんので、余計な費用はかかりません。

    また、「有名な」税理士法人に依頼をしたら無資格者の税理士事務所職員の対応だった。

    ということではなく、税理士である山口 翔が対応します。

    ぜひ年間合計額や料金体系を、他の税理士事務所と比較ご確認してみてください。

    一般的な税理士料金の相場との比較

    一般的な税理士の料金体系と相場は以下のようになっています。

    ・月額の税務顧問料 2万円〜20万円(月額)

    ・決算書(税務申告)作成 10万円〜100万円(1年に1回)

    ・年末調整書作成 社員1人あたり5,000〜1万円前後(1年に1回)

    ・償却資産税申告書・法定調書作成 1万円〜5万円前後(1年に1回)

    顧問料、決算料、年末調整作成料、償却資産税・法定調書作成料の4つをあわせて、税理士に支払っている額は、事業規模や社員数にもよりますが、年額35万円〜300万円程度です。

    過去1年間に税理士に支払っている額を合計すれば、年間費用がわかりますので、その費用と山口翔税理士事務所の費用を比較されることをおすすめします。